リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

REHABILITATION center

最新リハビリテーション機器について

  1. ホーム
  2. リハビリテーションセンター
  3. 最新リハビリテーション機器について
シンボル

最新機器の導入

リハビリテーションセンターでは最新型のリハビリテーション機器を導入しております。
麻痺や視野狭窄など病気によっておきる障害に対し、これらの機器を用いることでより効果的なリハビリテーションを行うことができます。

G-TES装置の写真 G−TES

G-TES

ベルト式の電気刺激装置です。
通常の電気刺激より使用する電極が非常に大きいため、痛みが少なく腰より下の筋肉の大部分を、一度に刺激することができます。
体力がない方、運動が制限されている方でも、寝たままの状態で散歩するのと同じくらいの負荷を得ることができます。

In Bodyの写真 In Body

In Body

身体の筋肉の量を測定できる機械です。
横になった状態で約1分で測定することができます。
リハビリテーションの効果を判定するために、入院直後と退院前を比較します。

AR2の写真 AR2

AR2

手や腕の機能が低下した方専用のリハビリ機器です。
機器が手や腕の重みを補助してくれるため、運動の量や回数が確保できます。
また、電気刺激や振動刺激との併用も可能です。

@attentionの写真 @attention

@attention

脳の病気により、見ている空間の半分に対して、注意が向けにくくなった方専用の機器です。
どの方向に・どれだけ・どんなふうに症状があるのか調べることができます。
結果から、症状に合わせたリハビリテーションの提供や退院後の生活で注意する点などを抽出できます。

SP1000の写真 SP1000

SP1000

体に特殊なハーネスを装着し、体重の一部を免荷しながら歩く練習ができます。
疲れやすい人でも、長時間、長距離のリハビリができます。
転倒する危険性がないため、あらゆる疾患や、体格の大きな方にも対応できます。

入浴・トイレシミュレーターの写真 bathroom
simulater

入浴・トイレシミュレーター

入浴シミュレーターは浴槽の深さや手すりの位置などを調節することができます。
トイレシミュレーターは便座の高さや手すりの位置を調整することができます。
自宅と同じような環境を再現できるため、退院後の生活が楽になります。