回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

recovery rehabilitationE

チーム医療

  1. ホーム
  2. 回復期リハビリテーション病棟
  3. チーム医療
シンボル

チームの強み

当院では、医師や看護師などをはじめ多くの職種がチームとなって治療に取り組んでいます。
ここでは、リハビリテーションにおける各職種の役割をご紹介します。

当院のチーム医療

当院では、患者様が一日も早く快適な日常生活を送ることができるよう、医師、看護師、社会福祉士、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、看護助手、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士といった、各職種がチームとなり、医療・介護サービスを提供。脳障害や運動マヒをはじめとする後遺症の回復や、日常動作の改善・向上をめざします。
患者さま一人ひとりに合わせた計画を立て、専門のスタッフによるリハビリテーションを実施。
また入院中のリハビリだけでなく、退院後の生活を見据え、各種手続きや情報提供など、退院し社会や家庭に復帰できるようサポートを行っています。

当院のチーム医療

医師
患者様一人ひとりの細かな状態を診察、把握し入院中の医療的な管理を行って、リハビリテーションを安心して行えるようにしています。症状や容体に応じて、適切な治療または連携先の急性期病院へ紹介します。チーム医療の要として、患者様をサポートしています。
看護師
患者様が日常生活を自力で行えるように、療養上のサポートや精神面のケア、医師の診療の補助など幅広い役割を担っています。「24時間リハビリ」の考えのもと、リハビリスタッフがいない時間帯にかけても、看護師がしっかり関わっていく「リハビリテーション看護」を実施しています。
社会福祉士
入院中の患者様が治療・療養に専念できるよう、医師や看護師、リハビリスタッフ、ご家族と密に連携を取りながら、患者様の不安を払拭。退院後も、社会福祉制度や各種サービスの紹介、諸手続きのサポートをし、在宅・社会復帰に向けて必要となる施設・機関、設備、人材の手配をフォローします。さまざまな相談を受け、問題解決・調整を行います。
理学療法士
(PT)
医師の診断・指示のもと、病気やケガにより生じた障害や運動能力の低下を改善し、起き上がる、立ち上がる、歩くといった基本動作の回復をめざして物理的なリハビリテーションを行います。自宅復帰、職場復帰を見据えたリハビリテーションのサポートこそ、回復期における理学療法士のミッションです。
作業療法士
(OT)
身体的、精神的に障害のある人が自分で生活ができるようになるために、作業活動を通じて、体の諸機能の回復・維持を図ります。道具を使った手先の訓練と、着替えや入浴、料理といった日常生活の訓練のほか、パソコン操作や車の運転など職場復帰に必要な訓練、趣味活動と合わせてのリハビリも行います。
言語聴覚士
(ST)
脳の損傷によって起こる話すことや聴くこと、読み書きができなくなる「失語症」、記憶力や注意力等が低下する「高次脳機能障害」、唇や舌の麻痺により滑らかに話せなくなる「構音障害」、飲食物をうまく飲み込めない「嚥下障害」の患者様に対して、さまざまな場面を想定し、リハビリを行います。
看護助手
介護福祉士
患者様が日々リハビリに励まれている中、入院中の食事・入浴・排泄など生活全般にわたって直接的な介護に関わるほか、退院した後も快適な暮らしができるようサポートします。患者様の自立をトータルに手助けする身近な存在といえます。
薬剤師
投与量や副作用、薬同士や薬と食事との飲み合わせに注意を払い、内服薬や注射薬を安全かつ確実に調剤。持病のある患者さんに対しては、医師との相談の上で、既に使用している薬の継続是非や種類・量の変更などを判断・調整します。退院後の服薬についても看護師や看護補助者と連携して薬物療法全般をサポートします。
管理栄養士
栄養バランスの整った食事を提供し、入院生活を支えます。患者さんの状態は一人ひとり異なるため、それぞれに合わせて食材や調味料も厳選し、オーダーメイドのメニューを提案。また患者さん本人やご家族に栄養指導なども実施し、退院後の食事への不安も払拭します。
歯科衛生士
摂食機能障害を有する(食べる機能に何らかの障害)患者に対して個々の患者様の症状に応じた診療計画に基づき、摂食嚥下チームとして医師の指示のもと食べる訓練を行います。また,入院時に口腔内のチェックも行っており、口腔内の衛生状態を保つ様サポートします。